読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばさんシネマ

最近見た映画など。

映画よもやま

映画【ゴンドラ】の思い出

伊藤智生監督の【ゴンドラ】という映画のリバイバル上映があり、大昔にテアトル新宿で観て以来、ほぼ30年ぶりくらいに拝見させて戴きました。 伊藤監督は、このたび30年ぶりに二作目の劇場用長編を撮ることを決意し、その決意をより確かなものにするために本…

2016年の個人的ベスト20映画

2016年の個人的ベスト映画です。 1.【シン・ゴジラ】2.【この世界の片隅に】3.【リップヴァンウィンクルの花嫁】4.【葛城事件】5.【ひそひそ星】6.【永い言い訳】7.【怒り】8.【日本で一番悪い奴ら】9.【オーバー・フェンス】10.【後妻業の女】11…

(前回の続き)アニメがいっぱいな話。

前回の記事に少しだけ書いた【この世界の片隅に】ですが、口コミでじわじわと観客動員数を伸ばしてきているそうですね。館数拡大・ロングランの様相を呈してきたようで、喜ばしい限りです。 既にご存じの方も多いかと思いますが、【この世界の片隅に】は、戦…

イギリスを見習いたい。

リオ五輪ロスに陥っている皆様、こんにちは。 映画に関係のない話題でごめんなさい。だけど、今回のリオ五輪の開会式の演出は【シティ・オブ・ゴッド】【ブラインドネス】のフェルナンド・メイレレス監督だったので、全くの無関係でもないのでは(こじつけ)…

【シン・ゴジラ】は究極のお仕事映画だ。

【シン・ゴジラ】 については、もう既にいろんな人がいろんなことを書いていらっしゃいますが、やっぱり私にも少しだけ書かせてください! 最初、一瞬、官僚や自衛隊ばかりをかっこよく描きすぎでは?と思いましたが、現在の日本に実際にゴジラのような災厄…

【シリアの花嫁】の思い出

いくら書いてもいっこうにうまく書けませんが、やっぱり書いておこうと思って書きました。ご笑読戴ければ幸いです。 ********************************************************************** 最近、【シリア・モナムール】(2014年、シリア/フランス)とい…

2015年の個人的ベスト20映画

2015年の個人的ベスト映画です。 1.(該当なし)2.【あん】3.【バケモノの子】4.【消えた声が、その名を呼ぶ】5.【私たちのハァハァ】【ワンダフルワールドエンド】6.【バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)】7.【KANO 1931海の向こうの…

ボウイさんの映画の思い出

デヴィッド・ボウイさんが亡くなった。 昔、大ファンだった時期があり、バイオグラフィを読み漁り、デビューから当時までのアルバムを全部買い、特に『Aladdin Sane』(1973年)『Diamond Dogs』(1974年)『Station to Station』(1976年)などのアルバムが…

SWは大丈夫か?

【スター・ウォーズ】の新作の鑑賞料金、2000円になるそうですね。 まー興行主には料金を自由に決める権利があると思うのですが、この料金設定、大丈夫ですかね。少なくとも私個人は、そもそも新シリーズにはあまり気乗りがしていなかった上に、わずかに残っ…

今年の大河は卒業しました。(追記)

1スジ2ヌケ3ドウサ、と言ったのは日本映画の父と呼ばれた牧野省三監督だったか。映画で最も肝腎なのは脚本、その次が演出、その次が俳優の演技、といった意味だけど、裏を返せば、筋立てが悪ければ作品はどうにもなりようがないということ。 「今年の大河ド…

今年の大河は卒業しました。

大奥編とやらに突入してしまって以来、大河ドラマの『花燃ゆ』をとんと見る気がしなくなってしまいました。大奥と言っときゃ女の視聴者は喜ぶだろう的な噴飯ものの安易さは、もしかすると、歴代の大河ドラマでも最低レベルの発想なのではないでしょうか。仕…

今更ながら【かぐや姫の物語】の感想

【かぐや姫の物語】 本作を観て、何故かトーキング・ヘッズの『Heaven』という曲が真っ先に頭に浮かんできた。「…Heaven is a place where nothing ever happens.」死後の世界なんてものが(そもそも無いと思うけど)もしあるとするのなら、何の色彩も無く、…

2014年の個人的ベスト20映画

2014年の個人的ベスト映画です。 1.【インターステラー】2.【そこのみにて光輝く】3.【WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常】4.【ぼくたちの家族】5.【プリズナーズ】6.【エレニの帰郷】7.【祖谷物語 おくのひと】8.【アメリカン・ハッスル】9…

いんたーみっしょん

こんばんは。そろそろ年末に差し掛かる気ぜわしい時期ですが、皆様いかがお過ごしですか?いくつか見ていない映画があるので、いつも通りにベスト5を挙げるには少し中途半端なのですが、これ以上遅らせるとタイミングを逃してしまいそうな作品もあるので、ち…

『極悪がんぼ』が残念だった件

今シーズンのドラマはテレ朝の『BORDER』が面白かったです。死者と話せるような設定は本来あまり好きじゃないのでノーチェックだったのですが、何だか評判がいいので、クドカンさんが出る回に試しに見てみたら大ハマり。気がつけば、テレ朝の動画サイトで見…

それなりに面白かったけどさ……。

【アナと雪の女王】が大ヒットした理由をいろいろ考えてみました。 1.そもそも、ディズニー作品は一定以上のクオリティが保証されていて安全牌である。 2.「ありのままの自分になるの~♪」という歌詞が、本当はありのままに生きていないかもしれない若いお…

袴田事件 再審決定

袴田事件の再審開始が決定したそうなので。 今週末に借りるDVDに迷っていらっしゃる方は、こちらはいかがでしょう。 【BOX 袴田事件】 http://www.tsutaya.co.jp/works/60001321.html 高橋判明監督が袴田事件のあらましを丁寧に掘り下げている作品です。 袴…

馬鹿野郎ーっ !!

フィリップ・シーモア・ホフマンの馬鹿野郎ーっ !! どれだけたくさんの映画人がこれからあなたと仕事をすることを希望していて、 どれだけたくさんの映画ファンがあなたの新作を待ち望んでいたと思ってるのーっ !! 悲しさと怒りが治まらないーっ !! 馬鹿野郎…

2013年の個人的ベスト20映画

2013年の個人的ベスト映画です。 1.【かぐや姫の物語】2.【風立ちぬ】3.【凶悪】4.【藁の楯】5.【愛、アムール】6.【舟を編む】6.【そして父になる】6.【少年H】6.【許されざる者】10.【地獄でなぜ悪い】10.【ザ・マスター】12.【東京家族】13.…

マンデラさんは偉かった(と思う)。

外国の政治家が亡くなったと聞いても普通は「ふぅん」と思うのが関の山なのですが、先日、南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ氏が亡くなったと聞いた時には、一抹の寂しさを感じました。これは、自分が映画を大量に見始めるようになった時期と、世界的に…

2012年の個人的ベスト20映画

2012年の個人的ベスト映画を掲載するのをすっかり忘れていたので、掲載しておきます。 1.【ニーチェの馬】2.【この空の花 長岡花火物語】3.【夢売るふたり】4.【ヒミズ】5.【ルート・アイリッシュ】6.【メランコリア】7.【アルゴ】8.【天地明察】9.…

「大島渚」はコレを見ろ !!

世界中の表現者の中で最も敬愛する存在であった大島渚監督1月15日に亡くなられてしまいました。大島監督の魂が安らかでありますように心からお祈り申し上げたいと思います。さて、今回大島監督が亡くなられたことで、「大島渚は巨匠だとよく言われているけれ…

『愛と誠』の思い出

今度映画化された【愛と誠】の予告編を見たら完全にお笑い仕立てになっていて、軽~くショックを受けてしまいました。小学生の頃、実家の家業の関係で何故か週刊少年マガジンを定期購読しておりまして、『空手バカ一代』『うしろの百太郎』『野球狂の詩』『…

こんなのインド映画じゃない(泣)

先週末、インド映画の久々の一般公開作として、かの【ムトゥ 踊るマハラジャ】のラジニカーント様主演の【ロボット】が公開されました。 かつて90年代に【ムトゥ…】が異例の大ヒットとなった前後に、インドの娯楽大作映画(サタジット・レイ監督やアラヴィ…

3Dは映画の未来じゃない

思えば最初に【アバター】を見た時に、私の3D映画鑑賞歴はもうほぼ終わりを告げていた。 現状の3D映画は、画角が狭いスクリーンの中にきっちり閉じ込められてしまうから、画面が小さくちまちましてしまって全く広がりが感じられない。空間の開放感こそは映…

【ヒミズ】と【ロボジー】

今年最初に見た映画の中に話題の【ヒミズ】と【ロボジー】があったのでそのプチ感想を。矢口史靖監督、大好きなんですが、今回の【ロボジー】は戴けなかったな~。ちょっと有利な立場に立ったからって周りの迷惑顧みず調子に乗っちゃう人(ロボットに入るお…

2011年の個人的ベスト20映画

1.【未来を生きる君たちへ】2.【ツレがうつになりまして。】3.【サウダーヂ】4.【恋の罪】5.【冷たい熱帯魚】6.【ファンタスティックMr.FOX】7.【モテキ】8.【八日目の蝉】9.【灼熱の魂】10.【ウィンターズ・ボーン】10.【神々と男たち】10.【大鹿村騒動記】…