おばさんシネマ

最近見た映画など。

2011年の個人的ベスト20映画

1.【未来を生きる君たちへ】
2.【ツレがうつになりまして。
3.【サウダーヂ】
4.【恋の罪】
5.【冷たい熱帯魚
6.【ファンタスティックMr.FOX
7.【モテキ】
8.【八日目の蝉】
9.【灼熱の魂】
10.【ウィンターズ・ボーン
10.【神々と男たち】
10.【大鹿村騒動記】
13.【あぜ道のダンディ】
14.【アントキノイノチ】
15.【しあわせの雨傘
16.【はやぶさ HAYABUSA】
17.【コクリコ坂から】
18.【一枚のハガキ】
19.【ソーシャル・ネットワーク
20.【UNDERWATER LOVE おんなの河童】

 

(次点)【人生、ここにあり ! 】【キッズ・オールライト】【再会の食卓】

 

(ドキュメンタリー大賞)

イヴ・サンローラン】【監督失格】【ダンシング・チャップリン

(後2作品はドキュメンタリーとしていいかどうか難しいところだが。)

 

正直、純粋に作品の強度だけを言えば、2011年の公開作での1位・2位は園子温監督の【恋の罪】と【冷たい熱帯魚】だったんじゃないかと思う。ただ、園監督の作品は観客を非常に選ぶ。私が知っている人達の顔を思い浮かべてみて、今年、この映画を一番に勧めることは難しいかなと思った。で、候補となる作品のリストをつらつらと眺めてみて、1位の映画を選んでみた。寛容と不寛容について扱っている作品だというのも大きな理由だけれども、何たって邦題がいいじゃないですか、これ。

 

よろしければ、こちらの元ページもご覧になって戴けるとウレシイです。