おばさんシネマ

最近見た映画など。

もっかのベスト5!(2013/03/02)

 

東京近辺で上映中の映画のうち、現在オススメするベスト5は以下の通りです。

 

1.【草原の椅子
(大人であるとは責任を取るということだと切々と物語る中年のお伽噺。)

 

2.【世界にひとつのプレイブック
(滅茶苦茶な男と滅茶苦茶な女の滅茶苦茶なラブストーリー。)

 

3.【横道世之介
(なんか凄く懐かしい気分になった。でも死なせオチはちとズルい。)

 

4.【チチを撮りに
(没交渉の父に対する母子3人の喪の仕事。初長編作らしからぬ演出力は要チェック。)

 

5.【インターミッション
(シネパトス閉館は大変残念だけど、映画の出来はまた別の問題かなぁと……。)

 

先日【世界にひとつのプレイブック】のジェニファー・ローレンスさんが米国アカデミー賞で主演女優賞を受賞しましたが、どこかで聞いたことがある名前だなぁと思ったら、過去に自分のHP内で2回ほど言及していたのを思い出しました。【あの日、欲望の大地で】と【ウィンターズ・ボーン】という作品です。いくらこの2作品ではまだ少女の役柄だったからといって気がつかなかったのは迂闊でしたが、【…プレイブック】では実年齢の22歳より少し年長と思われる役を演じていることもあり、すっかり大人の女性になっていてこれまたびっくりでした。彼女はもしかしたらジーナ・ローランズとかメリル・ストリープばりの大女優に大化けする可能性がある逸材だと思います。上記の3作品、未見の方は是非チェックしてみて下さいませ。

 

【ゼロ・ダーク・サーティ】は、割と信頼していた某映画コメンテーターが激賞してたので、行くつもりがなかったのにうっかり見に行ってしまい、あまりにも何の感慨も湧かなかったのでこれまたびっくりしました。まぁあまりにも予想通りの内容というか、アメリカの掲げる正義なんて今も昔もこの程度のものですよね。テロに暴力で報復することは無間地獄の入口にしかならないなんて実際にやってみるまで分からないものなの?と思いますが、分からないからこそ実際にやってしまうのでしょう。でもドヤ顔の軍人さんがアップになって華々しくファンファーレが流れたりしないのはこの映画のいいところで、証言から得られた“事実”を割と客観的に淡々と提示しているからこそ、何ら感慨も湧かなかった代わりに大して腹も立たなかったのだろうと思います。ともあれ、今後はこの映画コメンテーター氏の言うことは話半分に聞こうと思いました。

 

銀座シネパトスの閉館は大きな文化的損失だと思います。自分は過去にもっと好きな映画館もあったはずですが、無くなってしまうことがこんなに悲しくなってしまう映画館はありませんでした。この映画館の在り方自体が一つの文化だから、失われてしまったらもう二度と同じものを作ることはできないと思います。東京都も、耐震性の問題を看過できないのは分かりますが、単に立ち退き命令を出すだけじゃなく何かしらの代替案を出すとかなかったのでしょうか。映画館はあっさり取り潰しておいてオリンピックとか、この文化度の低さは一体何なのでしょう。ちゃんちゃらおかしいわ。