読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばさんシネマ

最近見た映画など。

2016年の個人的ベスト20映画

 

2016年の個人的ベスト映画です。

 

1.【シン・ゴジラ
2.【この世界の片隅に
3.【リップヴァンウィンクルの花嫁】
4.【葛城事件】
5.【ひそひそ星】
6.【永い言い訳
7.【怒り】
8.【日本で一番悪い奴ら】
9.【オーバー・フェンス】
10.【後妻業の女】
11.【サウルの息子
12.【最愛の子】
13.【リリーのすべて
14.【キャロル】
15.【マネーモンスター
16.【ルーム】
17.【スポットライト 世紀のスクープ
18.【グッバイ、サマー】
19.【十字架】
20.【モヒカン故郷に帰る
20.【湯を沸かすほどの熱い愛】

 

(ドキュメンタリー金賞)
バンクシー・ダズ・ニューヨーク】【シチズンフォー スノーデンの暴露】【シリア・モナムール】

(ドキュメンタリー銀賞)
【牡蠣工場】【台湾新電影(ニューシネマ)時代】【カルテル・ランド】【奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ】

(ドキュメンタリー銅賞)
【お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました】【園子温という生きもの】【いしぶみ】【カレーライスを一から作る】【フランコフォニア ルーヴルの記憶】

(ドキュメンタリー音楽賞)
【ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウン】【ザ・ビートルズ Eight Days A Week The Touring Years】

 

書いてみてから気づきましたが、1位から10位まで全部日本映画でした。ありゃ凄い。
シン・ゴジラ】は昨今の実写映画としては驚異的な数字を売り上げ、昨年前半にはあんなに話題を振りまいたのに、後半に出てきた【君の名は。】や【この世界の片隅に】すっかりスポットライトを持って行かれてしまい、あんまりにも不憫だったので敢えて1位にしてみました。異論は受け付けませんので(笑)、ご自分のチャートを作ってご自分の希望を反映させてみて下さい。

 

よろしければこちらの元ページもどうぞ。

 

2017/01/11追記:

こーんな不穏な記事を見掛けたのでいやーんと思って。
2つくらい前の記事に書きましたが、私は【この世界の片隅に】も【君の名は。】も両方いい映画だと思ってる派です。この記事には書き切れませんでしたが、【君の名は。】も、去年180本くらい見た中で30位以内くらいには入ると思うの。ただ、自分の中でそれ以上の評価にならないのは、あの映画の瑞々しさを正確に受け取る回路を持っていないというこちらの問題なのであって、映画のせいではありません。

 

2017/01/17再追記:

大昔に書いたっきりの話を一つ思いだしたので追記しておく。
そもそも、なんたら雑誌賞やらなんたらバカデミー大賞やらに信頼を置きすぎというか、権威か何かとして崇め奉りすぎなんじゃないのかな。
このブログの記事自体そうだけど、どこかの誰かの評価なんてすべて参考にしかならないものだし、自分にとってその映画がいい映画かどうかは、結局、自分の目で確かめてみなければ何にも分からないでしょ。