おばさんシネマ

最近見た映画など。

もっかのベスト5!(2012/01/27)

東京近辺で上映中の映画のうち、現在オススメするベスト5は以下の通りです。

 

1.【ヒミズ
(ろくな大人じゃなくてごめんなさい。立派な大人になって下さい。)

 

1.【ALWAYS 三丁目の夕日'64
(【ヒミズ】とはあまりにも正反対の映画だなぁ。)

 

3.【マイウェイ 12,000キロの真実
(支配する立場に回った途端、みんな等しく愚かになるという戦争の真実。)

 

4.【哀しき獣
(【チェイサー】の監督の新作。アクションやキャラクター造形が凄い。)

 

5.【アニマル・キングダム
(オーストラリア発。実家がギャングだった高校生の物語。)

 

(次点)【ピアノマニア
(スタンウェイ社の主任調律師の「音との戦い」を描くドキュメンタリー。)

 

今回の【ALWAYS…】は東京オリンピックの時代を扱っているけれど、確かに、戦後の混乱からやっと立ち直ってイケイケドンドンだったこの時代の人達には、オリンピックは戦争時代との決別を意味する豊かさや安定の象徴であり、さぞや晴れがましい出来事だったのだろう。どこかの都知事が異様にオリンピックにこだわるのはそういうことか、と膝を打った。だが残念だけど、今もう一度オリンピックをやったところで、かの時代のような右肩上がりの成長の時代が戻ってくる訳ないじゃん。大変申し訳ないが、そういう古い繁栄の幻想にしがみついているこの某都知事とか某経団連会長とか某球団のオーナーとか、さっさと引退してくんないかなぁ。その方が日本の未来のためだってば。

と思ったらニュースで新党結成とか言っているし。駄目だこりゃ。

 

何日か前にテオ・アンゲロプロス監督が亡くなったと聞き大ショック……。けど「ギリシャと欧州の債務危機を扱った新作を撮影中」に「非番の警察官のバイクに撥ねられて死亡」ってなんだそりゃ。「トンネルの近く」とか言ったらふとダイアナさんとか思い出しちゃうじゃないかー !!